ぬりかえ職人!ペイント戦隊!は浜松市で外壁塗装・屋根塗装のぬりかえを行っています藤佳塗装です。一般住 

サイト内検索 ホームページ制作・スマホサイト制作・CMS サイト管理画面

屋根の塗り替え ROOF PAINT
紫外線や太陽熱、雨、風などでダメージを受けやすい屋根。屋根材の反りや下地の劣化をにらんで丁寧に施工します。
屋根の塗り替え

地上から見えにくい屋根のメンテナンスはとかく後回しにされがち。しかし、屋根は真夏の強い紫外線や太陽熱をまともに受け、一年を通して雨や風、鳥の糞といったさまざまな外的影響を間断なく受けています。
「藤佳塗装」では、地上からの目視や設計図だけに頼らず、実際に職人が屋根上に上って、どのような屋根材をどんな工法で施工しているかをじかに確かめます。
また、屋根材の一枚一枚の状態を隈なく観察することで、塗膜の劣化、反りの有無、下地材の損傷などを発見。
瓦屋根、鉄板屋根、カラーベストといったあらゆる屋根材に対応し、住まいの意匠性と環境性能を向上させるべく、遮熱塗料や断熱塗料のご提案を含めた塗り替えのご相談を承っています。


縁切りの重要性 屋根構造のメカニズムを踏まえ、
通気性を考えた塗り替えを行います。

屋根の塗装で重視される「縁切り」。「縁切り」とは、塗り替え時に屋根材を上下に重ねた部分が塗料でふさがれてしまうのを防ぐこと。

縁切りをしてある場合 瓦を伝って流れる
構造材の腐朽

屋根材は本来、上下の隙間を開けて施工してあり、雨水が屋根材の裏面に入っても自然に排出されるようになっています。ところが、縁切りを怠ると、この隙間が塗料でふさがれてしまい、水分が中にたまって下地材の腐朽や雨漏りを引き起こします。

縁切りをしてある場合 瓦を伝って流れる縁切りをしてない場合 釘を伝って屋根裏に雨水が入る。

数年前から何度も雨漏りがあったという。
外壁ヒビ割れからの水分侵入もあり、構造材まで腐朽していた。

タスペーサー縁切り工法

「藤佳塗装」では屋根材を破損する心配がない「タスペーサー縁切り工法」を採用。
シーラー・プライマー下塗り、乾燥養生後にタスペーサーを挿入し、通気性に優れた屋根の塗り替えをお約束します。

タスペーサーの安全性
タスペーサーの安全性

タスペーサー挿入した個所の真上や周囲に、
普通に作業性で、ある程度加重がかかっても
屋根が破損しにくいことがわかります。


タスペーサーの安全性1タスペーサーの安全性2 タスペーサーの安全性3タスペーサーの安全性4

お気軽にご相談ください。
フリーダイヤル:0800-200-5810(コイトソー)

受付時間:9:00〜17:00(日・祝除く)


有限会社藤佳塗装
FUJIYOSHI PAINT Co.,ltd

〒432-8001 静岡県浜松市西区西山町1206-7  

静岡県知事許可(般ー22)第036559号 塗装工事業・防水工事業  


FUJIYOSHI PAINT Co.,ltd

お住まいの塗装
どんな方法で何をすべきか、きめ細かくアドバイス。真剣・誠実な姿勢で一棟一棟じっくり向き合います。

屋根・外壁は建築物の美観と保護に重要な役割を果たしています。新築時には十分に機能していても、歳月が経つにつれ、屋根の塗膜が劣化して防水性を失ったり、外壁の表面が汚染されて耐候性や断熱性を発揮しなくなったりします。屋根や外壁の下地にまで弊害が及ぶ前に、きちんと分析し、メンテナンスすることが重要です。

お気軽にご相談ください。フリーダイヤル:0800-200-5810(コイヨトソー)

受付時間:9:00〜17:00(日・祝除く)

有限会社藤佳塗装 FUJIYOSHI PAINT Co.,ltd

〒432-8001
静岡県浜松市西区西山町1206-7

静岡県知事許可(般ー22)
第036559号
塗装工事業・防水工事業

こだわり塗装 美しさと機能性を匠の技で極めます。よくある質問Q&A 皆様の疑問にお答え致します。

塗装・塗り替え事例